FC2ブログ

旅は人生のご褒美、イタリア車1200Km自転車200Km 、グーグル様々、冒険は終わり 他

そういえば先日モードなんちゃらの業界誌から「取材依頼」とか電話あって、「いやその件に関しては積極的でないんだ、内容は」「HipPopの特集で」ぐわはははは「並列でしょ」「はい他にもう一店」「いやー良くてそこと同じか、大体並びたくないよ勘弁して欲しい、言ってる意味は分かるかい」「はい」「じゃあそうゆう事でいいかい」電話する前にHPやブログも見ないのか、「インスタ見てきたんじゃないすかぁ〜」インスタのプロフィールに貼ってあるんだが相変わらず舐めたもんだわ美容師にたかるヒルみたいなもんだ、郊外、地方の美容師の流行への不安をだしに火曜休日に講習で稼ぐここらの名の知れた店と組んで立派なビルとか建て、化粧品メーカー器具屋椅子屋美容学校と一緒だぜ、俺らが潰れようが商売繁昌だ。クソ過ぎて見ると目が潰れるぜ、よく何もわからない頃南青山にあった新美容とかスタジオとかに休みの日わざわざとっときの可愛い子探して全国の同業諸君にお見せする為出かけたわ無給で。渋谷に越してきてた時も呼ばれて行った事あるけど生温い仕事でよござんしたわ。

今年も店10日閉めて19年ぶりかの欧州
旅も5日目か漸く俺のコックピットにBikeGPSが降りてきてグーグル地図グーグル翻訳様々の夢にも願えなかったイタリアサイクリング、長生きした甲斐があった同行家族は元より皆様に感謝あるのみだ
20190819085309e5d.jpeg

俺の借り物、その1
昔「庶民は買わない」ランチアの馬車。鈍いのは周知らしく追い越し車線は似合わない。
20190818085226f5d.jpeg
俺の借り物、その2
オプションの「ハイエンドカーボンロード」だったが俺のアリババと差は感じられず。中級グレードのモノコック台湾、フロントシマノ変速機のセットが不調、息子の同様品は「硬くて良い」らしいが共に安サドルでちんこ裏痛い。かーちゃんの「スタンダードロード」は「ブレーキ効かない、もう1日乗ったらまたから血が出る」うんうん、セラレディサドルは持ってったんだが想定外の古式ヤグラでスパナ無く交換不能
201908180926567d1.jpeg
Giroliberoは快調らしい。眩しそうな顔で「光栄アル初メテノ日本人利用者!」いや大分前の日本のブログ見たよ「私6年目デ初メテ」朝からブリーフィングとやらだったがただのアルバイト伊青年でチャリもiPhoneで読み込め無いpdfアプリも「大変ダネェ」うん。他のグループのリーダーおじさん達と蚊を払いながらホテルのガレージで奮闘、GPSが使えるようになるのは電話メールでやりとりして3日目からだった。
201908180852577a2.jpeg
地図片手にグーグル徒歩検索で10キロごとに再設定したりしてまあ楽しかった。20年前はミラノドライブするのも気分はもう冒険だったが
20190819085733267.jpeg 20190819100902f19.jpeg

俺の借り物、その3
足回りはCORSAだったが馬力は1頭立てのオペル、20年前のディーゼルターボの方が速かった
201908180852288e9.jpeg

かーちゃんと20年ぶりのベルガモのミシュラン星2食堂は朝なんでまだ閉まってて先代は引退したろうに、ノバラの星1は廃業だった、教会は変わらず朝のミサが始まったので退散

路上演者の。CDは買わなかった

田舎街のカフェはどこもオッさん爺さんの憩いの場で、オーナーは酷い伊語の中国人夫婦だったのが2回「オマエノ友達来タジャナイカ」とか

爺さんといえども必ず抜く、遊んではくれない。

珍しい若いカップルを追撃する

用水路沿いのターマックでないとこ、前夜の雷雨跡

畑の中を

街中で二ーチャンらを追撃、遊んで貰う。

この田舎街も城門から入城でご機嫌

これはベネチアのバスのパイロット、美しい事が正義

1878年創業の名旅館のチェックインの仕方を教わる

オペルのコルサは下り専門

帰りはドロミテ回ってボルツァーノに向かう、この北部独語圏の1つ北の谷がメスナーの故郷。無酸素単、フリークライム、スマホにGPSかぁ。行きに出会った若い頃キラキラして見えた「現地駐在ガイド」の現在形は玉手箱開封後かすっかりで日本語も怪しく「貴族には見初められなかったのね」と家人。今日のトイレの位置ばかりが心配な同胞の団体客の相手に追われていた。絶賛夏休み中で平日も車多くパスするチャンスは少ない。


大声で話す黄色人種は観光地でも皆大人しくしてて渡航前の思いは杞憂であった。ゴンドラのおじさんは歌は歌わず大抵電話してるけどオール捌きは流石、見切りは1センチ。
20190818092427e24.jpeg
彼の地で金持ちはアラブ人に決まってた、ミラノのドゥオモ屋上は白色美女のインスタスポットでその他は画角を汚さぬようコソコソするしかない。
アーケード入り口のカフェで奥の柱陰席に通されるか怯えたが幸い通り面で、両隣は気まぐれで店ごと買えそうなヒジャブ美女家族に挟まれた黄色貧民の証拠画像を貼っておこう。ピザは妙に旨かったよ
201908230909187d0.jpeg

2019081809265692d.jpeg
改装はイマイチだった再訪のミラノ老舗旅館
2019081609422661b.jpeg
フロントが顎で軽く指示すると一晩30€のパティオの駐車場から玄関先に、ボードケースは無しだけど前回と同じ擦り切れたサムソナイト2つトランクに押し込んで貰って旅は終わった。
店主のアドレナリン(山、自転車、車) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/08/19 11:50
コメント

管理者のみに表示