FC2ブログ

タワーレコード渋谷店改装

Aki猪瀬がゴールドラッシュでまだハンバーグも焼いてない頃、手前のジーンズメイトの2階渋谷タワレコに青山ブックセンターで¥2,500が¥700の直輸雑誌コーナーが出現して、状況は一変した。(表紙に$2.50 £1.75とかあってチョット気になったが)こっちのファッション誌のネタもとがあっちなのは、とっくに知っていたが何しろ品揃えがアメリカだった。
ふたつ駅よりのビル2階の貸しレコード店も利用していたし。その向いのハンズに今も食い込んでる山道具屋はクライマー南博人の店で、十代の頃「山渓」の「ナイロンよりテトロン!」広告を頼りに学校帰りに買いに寄ると、ミシンの前の当時すでに伝説だった本人がオーバーミトンとかピッケルバンドとかアイゼンバンドを壁に商品として展示してる膨らんだリュックの中から取り出してくれた「壁の穴」もない大昔
そうじゃなくてスノボの話だ
それまでもREIの会員になったりLLビーンの狩猟用カタログからFAXで取り寄せたダブついたそれらしいウエアで、毎週群馬の武尊とか栃木のスキー場通って。たまに上手いやつもいたが素顔もバレる昼飯の食堂や駐車場で俺らよりイケテル奴も、俺らより可愛い子連れてるのもいなかった、その上東京ナンバーだし。
食堂のおばちゃんも俺らだけ盛りが違ったが、リフト小屋のオヤジやパトとは「おら!そっちはダメだ」とか「あそこで飛び降りたのお前らか」とか何時も喧嘩「客だ!お客様!」 まあ紐くぐった回数なら負けない。
タワーで入手し擦り切れる程見たスノボの雑誌の後ろの方に小さく載ってる広告を頼りにストーミーで10万する板が$350とかで到着すると、気分はジェイミーリンとクレイグケリーとビクトリアジェルースだった。
そのうち藤原ヒロシ君とかも牧場に行ってるとか聴いたが、マナブと見つけ次第当てこんだるってたがついぞ見かけたこと事は無かった、「そんなしょぼいとこにはいないんじゃん」とかも言われたけど


2階のオープンなカフェには結構人がいて奥の方が本屋、何かパルコの地下のロゴスみたいで狭くてこっちの雑誌もあるから尚狭い、レジは何時ものように待たずで怖い。

おースタボイだ特別号とかなってる、誰かと思ったらポールウェラーじゃん
さとう2小室_
佐藤琢磨インディ出てるのは知っていたけど、インディ500、800キロ最終周回トップに並んだ後スピン!とは知らなかった。F1でシューマッハにも譲らないイケイケぶりは焼き付いてる、過去事故のバイアスかアクセルの踏みは別格だ。
フェラーリ火花散らしながら首都高駆け抜けた小室哲哉は免許無いって?それも知らなかった

ファッション写真は見てて恥ずかしい。切なくなる記事やタイアップも多く。
まあ良い、口直しは後ろは森山大道のモノクロ 過去物だが


ほーら業界御用達のネタ元INTERSECTIONだぜ、いつの間にかUSAになってるけど無いよりましだ

インター
INTERSECTION日本版とかあったが、見ると目がつぶれる。
これに限らず「日本版」は要注意だ、立ち読みしただけで当分本屋に近づきたくなくなり、素敵な翻訳本を読み終えてこの地に生きる幸せを感じるのと真逆に落ち込む。
いんたー2いんたー3
いんたー4びーえむ
とよた日産
トヨタのデザイナーは横文字の人だ、日産のはチーフデザイナーshiro nakamuraとあるのでサンヂエゴのオサムにお前じゃないのかメールしたら、「一緒にやってる。ヤツは天才」とか返信が詳細は内緒
国境
どのページのどの写真も興味深い、一例

多丘は西武B館の上で展示中、最近某国著名窃盗団に壁に穴明けられて数億円とか、本命は直前までやってたピカソだったとか詳細は内緒
R0016462_convert_20121201103706.jpg
「一応カメラとか付いてて、駐車場のセキュリティーとか半端ないです」新宿伊勢丹とかしょっちゅう盗られてるらしいよ詳細は内緒

旭川から帰省中、雪の旭川でチャリ爆走中だって。教習所シックハウスから復活後は車早く買おう
みえ2
「正月ニセコ行きます」

初孫が、初曾孫が
R0016454_convert_20121201103604.jpg
若いおばあちゃん「いえ若くないから」綺麗なおばあちゃん「それはうれしいわ」写真下手でスイマセン「今度孫連れてこなくっちゃ」

カットbyユキ
R0016453_convert_20121201103358.jpg


店内図書 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/01 17:47
コメント

管理者のみに表示